長谷川農場とは

スペシャリスト農業人を目指す

私たち長谷川農場は、
農業人として
使命を全うすることを
ここに宣言します!!

これまで私たちは、生産者として誇りを持ち、食の安全性や品質に重きをおいてきました。しかし、いっこうに上がらない食糧自給率(現状38%)、安全性の再認識、後継者不足、そしてTPP問題。農業を取り巻く問題は次々とやってきては後を絶ちません。農業人として、味や品質の追求はもちろんのこと、日本の農業技術の素晴らしさ、農業の楽しさ、食育の大切さを伝えていくこと。持続していく農業の在り方を考え、地域の発展そして日本の発展へと繋げていくこと。これが、これからの長谷川農場の使命だと考えています。

「みせる」農業

農業人としての使命を全うするために「みせる」農業を提案します。

  • せるDisclosure
    消費者が安心して、納得して口に運べるよう、情報は開示します。最高・最適のものを真心こめて生産します。
  • せるSightseeing
    農業体験などを通したグリーンツーリズム、生産者側の見学、食育授業など生産者と消費者が交流できる場を提供していきたいと考えています。
  • せるCharm
    味や品質で消費者を魅了すること 日本の農業技術の素晴らしさを伝えること 新規就農者を育成し、農業の楽しさを伝えることを目指します。
長谷川農場が培ってきた
約60年の歴史と若者の知恵で
農業ビジネスを発展させる
ことを目指していきます

右にスワイプしてください。→

収穫カレンダー

代表挨拶

対話しながら価値を見つける。

農業それは太陽と大地の恩恵の下、命の源である食料を人々に届ける誇りある産業であると考えています。
しかしながら農業を取り巻く環境は、今様々な困難も抱えています。38%を割る食料自給率や食の安全をめぐる問題は、我々農業者だけでなく多くの消費者の皆さんと考えていかなければならないことではないでしょうか。
当農場は誇りある産業である農業の確立をめざし、2015年個人経営から株式会社長谷川農場として新たな営みを開始しました。今まで多くの方に支えられながら歩んできましたが、今まで以上に皆様に愛される農場を目指し、決意新たに努力していく所存です。今後も変わらぬご指導・ご愛顧をよろしくお願いいたします。

当農場のお約束

私たちは当農場を通して農業の持つ意義・楽しさ・生産の在り方を知っていただく中で皆様に選ばれる農産物の提供を行ってまいります。
当社は産業として成り立つ(多くの希望する人たちが誇りと収益を得られる)農業づくり、可能性を秘めた産業である農業の発信を行ってまいります。
当農場は循環型農業の追及の中で環境にやさしい農業を目指し、地域とともに歩む農業を目指します。

株式会社長谷川農場代表取締役 
長谷川良光

長谷川農場代表 長谷川 良光

長谷川農場 概要

栃木県南西部の足利市にて循環型多角的農業を経営。
肥育牛約700頭、米麦17ha、アスパラガス1.2ha、玉ねぎ1.3ha生産。近年まで生産に特化していたが長谷川農場の社長の長男が就農したことをきっかけに6次化産業も手がけるようになる。2016年1月、これまで個人事業だった長谷川農場を株式会社化した。

代表
長谷川 良光
役員
長谷川 大地
従業員数
8名
所在地
農場 :栃木県足利市県町1230-1
牧場 :栃木県足利市羽刈町1319-1
選果場 :栃木県足利市県町1346
事業内容
■畜産部門
肉用牛700頭
■農産園芸部門
米麦17ha
アスパラガス1.2ha
玉ねぎ1.3ha
資本金
300万円
長谷川農場写真